道はどこかに続いている



c0034473_20330488.jpg


道は必ずどこかに続いていて

特に初めて通るところは

その先には何があるのだろうかと

ワクワクさせてくれるものですね。


立ち止まってじっと辺りを感じていても良いし

どんどん進んで冒険気分もいいです。

進めるほどに経験という素敵な宝物が増えてゆく。

な・ん・て

せいぜい高尾山ぐらいしか

冒険していない私ですが

道の風景、道の写真、が大好きです。


道と言えば

カトリックの巡礼地 

「 カミーノ・デ・サンティアゴ 」

が世界的に有名ですね。

パウロ・コエーリョの「 星の巡礼 」や

シャーリー・マクレーンの「 カミーノ 」でも

憧れられているあの巡礼の旅路。


スペインの北部を東西に横断する

「 フランス人の道 」

この全長800キロを超える道を

ズンズン歩いたお客様のSさん。

私より小柄な彼女は

小さな(22センチぐらいの)足で

マメも作らず連続踏破とは

恐れ入りました!!

〝(@0@)”


記憶を綴られたブログは写真も文も

奥深くて、とても魅力的です。

私もワクワク一日づつ追いかけて読み進みました。

どうぞ、一緒に歩く気分を味わってください。





将に、「 道は人生 」ですね

と生き方に通じる歩き方です。


そのSさんは、いよいよ今日から

今度はフランスの旅に出発です。

またまた行きたい聖地を選んでいるとのこと。

「 さて、どうやってたどり着くかな~」

とクスクス笑う。


自作の単語カードで

日々発音練習もしながら準備されていました。

きっとフランス語もさらに磨かれて

冒険話をまた披露していただけるでしょう。

その活き活きさにこちらも元気をいただきます。





by jzj02077 | 2018-05-10 22:15 |
<< 今夜のお楽しみは~ 生協で宅配 >>