死んでも大丈夫よ~


c0034473_21551528.jpg


先週のように散灰のことを言うと

池田さん、死ぬのが怖くないんですか?

なんて聞かれたりします。


ええ、恐くないんです。

いつからでしょう?

20年前、

レイキを習ってからのような気がします。


そして、導かれるように

死後世界系の本にも沢山出合いました。

ワイス博士の『 前世療法 』は有名ですし

エルザ・バーカーの『 死者Xからきた手紙 』は

古風なムードがあって印象的です。

ヘミシンク発明者の

ロバート・モンロー氏の各著書は大切な蔵書。


中でも最近読んだこちらの二冊は極め付け。

へえ~、へえ~、の連続です。

輪廻転生の中間生で人は何をしているのか!?

催眠療法士マイケル・ニュートン博士の

膨大なセッションレポートが元になっています。

大変な研究発表です。


一冊目の JOURNEY OF SOUL

『 死後の世界が教える、
人生は何のなんのためにあるのか 』

はこんな被験者の言葉で始まります。


ケース1:

「何てことだ! 

私は本当は死んでいなかったんだ・・・

・・・身体は完全に死んでいるのに

自分はその上で動き回っている。

私は生きているんだ!」


リアルなセッションの詳細が

29ケースも載せられています。

死後にお迎えと再会している人や

何度も通っている帰り路のように

スイスイ行先に向かう人や。

学校のようにまた学んだり。

次の人生の用意をしたり。



c0034473_21554218.jpg


そして続編、

DESTINY OF SOULS

『 死後の世界を知ると、 人生は深く癒される 』

はもっと細かく突っ込んで

67ケースの報告です。


魂グループの説明や

家族、ソウルメイト、

魂の仕事、余暇、などの説明が膨大で

一読では全体像がイメージし切れません。

それほど、色々な情報が見えてきている

それを本にして伝えてもらえる

ありがたさ。

例によって、邦題がちょっとピント外れ。

直訳の 『 魂の旅 』『 魂の運命 』 

でいいのにね?と思うんですけどね。


「素直に信じられるのは幸せだよね」

と斜に構えるのもひとつの選択ですが

死後という未来を恐わがらずに暮らせたら

芯から今を満喫できると思っています。

やや学術的で分厚い本ですが

ご興味沸きましたら是非。

きっと魂が喜ぶことでしょう。





by jzj02077 | 2017-06-15 22:45 |
<< お知らせも兼ねて、熱いです! お祝いしてもらいました! >>