仲間がわかるのは不思議。


c0034473_23014480.jpg

うちの水槽の掃除係は

カバクチカノコガイが2匹。


カバのような大口で

苔をパクパク食べてくれる

優秀な掃除係です。

お馴染みのイシマキガイの何倍も

活躍してくれますよ。


普段はそれぞれランダムに

行き当たりばったりの

ルンバ掃除機のように

忙しく活動していますが

ふと気づくと

綺麗に並んで休憩していることが

しばしばです。


「 ちょっと休もうか。」

「 うん。 」

みたいに。

落ち着くのかな。

お互いを仲間だって解っているんでしょうね。


鳥も、蝶も、小さいハエのような虫まで

同種の仲間を見分けられるのには

ほんとうに感心します。


見分ける要素は

フェロモンの匂いだ、とか

育つときに聞いた声だ、とか

言われています。


蝉もそれぞれの種類で

「 いい声だな~ 行ってみよう」

と思って集まるんですよね。

生まれて初めて聞く音のはずなのに

何故か惹きつけられていく不思議。


五感レベルも然ることながら

波動・エネルギーの信号で

感じ分けているんじゃないかな

と思っています。


水槽の中はいつも静かで平和。

幸せな貝たちの世界です。





by jzj02077 | 2016-08-18 23:26 |
<< 青空と雲に誘われて 暑いですね! >>